閉経する年齢について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

閉経の年齢

平均年齢

閉経の年齢は人によって異なりますが、平均50歳前後、早い人で45歳、遅い人で60歳前には閉経になると言われています。

そもそも閉経とは、卵巣の機能が停止し生理が来なくなることをいい、WHO(国連世界保健機関)では「卵巣における卵胞の消失による永久的な月経の停止」を定義としています。

人によっては、一度月経が止まったのに半年後に再開するケースもあるため、無月経になってから1年を目安に閉経と診断します。

各年齢の統計

閉経と診断された261人の日本女性の年齢をまとめると52歳がもっとも多い結果になりました。

年齢 人数
43 3人
44 4人
45 8人
46 16人
47 19人
48 28人
49 22人
50 42人
51 26人
52 52人
53 24人
54 12人
55 3人
56 2人

また、日本産婦人科学会の資料では、500人の女性にアンケートをとり、50歳で閉経した年齢が多く、平均して49.47歳という調査結果がでました。

閉経の統計

早期閉経

まれに40歳前後という年齢で閉経になる女性もおり、その場合「早発閉経(早期閉経)」といいます。

無月経とは異なり、40歳という若い年齢でも、早期閉経になったという事は卵巣機能が完全に停止した状態です。そのため、自然妊娠はできなくなります。
また、早発閉経の原因は、ほとんどの場合特定することができず、90%が原因不明と言われています。

先ほどの日本女性の閉経のグラフでもわかるように、35歳という若さでも閉経になることがあります。
しかし、ストレスや食生活の影響で生理が来ない場合や閉経ではなく病気の可能性もあるので、一度婦人科で診察してもらいましょう。

以下の人は、早く閉経がくる傾向にあります。

  • 喫煙している
  • 野菜を主食としている
  • 片方の卵巣を摘出している

また、人の卵胞に限りがあることから、月経が始まるのが早かった人も比較的若い年齢で閉経するともいわれています。

遅発閉経

早発月経の反対で、58歳以上で閉経する場合を「遅発閉経」といいます。
月経が続いているということは、女性ホルモンを他の女性よりも長く分泌できる・恩恵を受けられるということですが、いつまでも月経が続く場合は、乳がんや子宮体がんのリスクが高まるといわれています。

早発閉経と同じように、原因はわかっていません。

閉経と年齢の関係Q&A

閉経年齢は遺伝するのか

閉経の年齢は、確かに遺伝性があると言われています。
遺伝子により、生理痛の症状や生理が始まった年齢、冷え性などの体質など母親や祖母に似ることもあります。そのため、祖母や母親の閉経の年齢を聞けば自分の閉経年齢を予測することができます。

ただし、絶対ではありません。
すべてを引き継いでいるわけではないので、必ずしも閉経する年齢が一緒になるわけではありません。
1つの目安として考えておきましょう。

見た目が老けていると閉経の年齢も早くなるのか

見が老けているということは、卵巣も老けていて閉経の年齢が早くなると勘違いしている人がいますが、そんなことはありません。外見の老け=内側の老けにはなりません。見た目が年を取って見えたとしても、子宮などは実年齢よりも若いということもあります。

しかし、食生活のみだれやお酒・タバコにより、肌の老化と共に体内の老化が進み、閉経を早めるケースはあるでしょう。

独身女性と既婚者では閉経する年齢が変わってくるのか

独身女性と既婚者というよりも、「不妊治療」をしたことがあるかないかで閉経の年齢が変わってくるといわれています。

現在では、7組に1組のカップルが不妊治療を受けているといわれている時代です。不妊治療は排卵誘発剤を使用して意図的に排卵させる治療のため、卵胞排出数が増え、長く不妊治療をしている女性ほど、閉経が早いといわれています。

もしかして閉経?閉経を疑う時にチェックする項目

更年期になり、無月経になると「もしかして閉経したのかな?」と疑ってしまいますよね。毎月きていた生理がなくなるのは嬉しいけど、なんだか寂しいと思う人も少なくないはずです。

生理が来なくても、半年後に生理が再発するなんてケースもあります。自分の症状は閉経なのか確認しましょう。

年齢で確認する

人によって閉経する年齢は異なりますが、文頭で話したように、平均の年齢は50歳です。

年齢 人数 割合(%)
35-39 1人 0.83%
40-44 3人 2.48%
45-49 22人 18.18%
50-54 85人 70.25%
55-60 10人 8.26%

参考:2007年 神戸大学

50歳前後で1年以上月経が無い場合は、閉経した可能性が高いでしょう。

更年期症状で確認する

閉経することで、今まで生成されていた女性ホルモンが分泌しなくなります。すると、ホルモンや自律神経が乱れ制御できないことで、様々な症状がでてきます。いわゆる更年期障害です。ほてり、発汗などのホットフラッシュ、めまい、不眠、イライラ、倦怠感など人によって症状や度合いがことなります。

こういった症状がでており、一年以上生理がきていない場合は、閉経した可能性が高いでしょう。

基礎体温

妊娠時の基礎体温で妊娠の判断をしますが、閉経も体温で予測することができます。

閉経が近づくと、基礎体温の高温期の期間が短くなり、次第に高温期じたい無くなっていきます。これは、生理期間が伸びたりすることで、体温を高める働きをする女性ホルモンの分泌量が減っているからです。

体温の高さは人によってことなるので、毎日体温チェックしてグラフ化する必要があります。

病院で検査する

もっとも確かなのが、病院で診察・検査することです。
症状や年齢、排卵検査、ホルモン検査などから、閉経したのか医師に診断してもらいます。

閉経したかどうかの確認だけならば、病院にいくまでもないとおもいますが、体に違和感がある、腹部が痛む、閉経したはずなのに不正出血した、更年期障害が重度の場合は、悩まずに婦人科に行きましょう。

自分の閉経年齢を調べる

まだ、閉経になっておらず、心の準備をしたい、更年期障害に備えたいという人も多く、自分の閉経する年齢を調べることも少なくありません。

閉経の年齢を予測する方法はいくつかあります。

  • 排卵検査
  • ホルモン検査
  • 膣内PHバランス
  • 血清AMH

排卵検査

無月経が続いた場合、自宅で簡単に閉経を調べることができます。

閉経したということは、排卵しないということです。家庭でチェックできる排卵検査薬が市販で販売されているので、自分が閉経したのか調べたいかたは確認してみましょう。

ホルモン検査・膣内PH値

医療機関で行われているもっともポピュラーな検査が「女性ホルモン検査」「膣内PH値測定」です。

エストラジオール(E2)と卵胞刺激ホルモン(FSH)の値、膣内PH値を測定し、その数値により、閉経しているかどうか調べます。しかし、判定が難しく完璧ではないのが欠点です。

血清AMH

最近ではAMHというホルモンを調べることにより、より早い段階で閉経の年齢を知ることができるようになりました。

FSHやLHは、脳から分泌されるホルモンに対して、AMH(antiMullerianhormone、抗ミューラー管ホルモン)は、卵巣にある卵胞から分泌されるホルモンです。そのため、このAMHの分泌は多いということは、卵胞の数が多いということ、逆にAMHの分泌が少ないと閉経する年齢に近づいているということです。
この検査では、卵胞の数、卵巣の年齢なども調べることができるので、不妊治療などでも利用されています。

血清AMHでは5年も前から予測できる

従来の検査では、確かな判断ができなかったのに対して、血清AMHならより明確に何年も前から閉経の年齢を予測することができます。
AMHの測定は月経時の血を使って数値を出します。月経周期によって変動はないので、どの時期に測定しても問題ありません。

数値が低いほど閉経する年齢に近づいていき、閉経5年以内になるとほとんど「0」になります。

病気で正常なAMHが測れないことも

多嚢胞性卵巣症候群という病気の場合、排卵が起こりにくく、月経が異常になりやすくなります。そのため排卵内に小さな卵胞が多く存在している状態なのでAMH値が高く出てしまいます。

どの検査も比較的安く調べることができるので、自分の閉経の年齢が気になる人は調べてみてはどうでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

その身体の不調は
エストロゲンの減少による 更年期障害かもしれません

エストロゲンと似た働きをする成分で、スーパーイソフラボンとも呼ばれる【エクオール】。 イソフラボンよりも吸収率が高く、自律神経を正常化へと導き、健康な身体を取り戻します!
病院へ行くのはちょっと…でも辛い…
という自宅で治療した方は、一度サプリメントを試してみては?
エクオールの公式サイトを見てみる
閉経の年齢の関連記事

閉経後の体の変化と気をつけること

閉経後、体はどうなるの? 女性は、脳の命令で卵巣から女性ホルモンを分泌し、妊娠する準備を整えます。年齢を重ねると卵子の元となる卵胞の数が減ってきます。それに伴い、生理期間が長くなり、やがて生理がとまります。51歳前後に生理が来なくなり閉経になると言われています。 生理が終わったことで、本来分泌されるはずの女性ホ…

閉経の症状・予兆

閉経前の症状 女性にとって閉経とは、大きな意味を持ちます。「生理が止まったけど閉経の症状なの?」と「最近、月経血の量が減ってきた・・閉経するの?」など不安に思うことも多いでしょう。今回は、閉経する前の症状・予兆についてお話しします。 また、閉経の症状は人によって様々です。 生理周期の乱れ 月経血の増減 …