更年期障害の年齢・期間は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

更年期と呼ばれる年齢は?

更年期とは、人間の一生の一時期の呼び方です。女性のライフサイクルは、幼年期(0~8歳)、思春期(8~18歳)、成熟期(18~45歳)、更年期(45~55歳)、老年期(55歳~)に分けることができます。

成熟期を過ぎると徐々に卵巣の機能が低下していきます。それに伴い女性ホルモンの分泌も減少し、50歳前後で閉経となります。この閉経の前後10年ほどの期間、45~55歳を「更年期」と呼びます。

卵巣の機能が低下するということは、子供の産めない状態へ変わり、女性ホルモンも不安定になっていきます。

女性ホルモンとは、感情のコントロールや血管の収縮・拡張などの役割をしているため、更年期になると「疲れが取れにくくなった」「生理周期が乱れてきた」「髪や肌の様子が違う」「家事のペースが遅くなった」などの変化を感じるようになります。

それに伴い、ほてり、頭痛、耳鳴り、多汗、やる気が出ない、イライラするといった症状がでてきます。これが更年期障害です。

「更年期障害」と呼ばれることがほとんどですが、治療のいらない軽度のものは「更年期症状」といい、私生活に支障がでる程の重度の場合は「更年期障害」といいます。

更年期障害になる平均年齢は?

更年期障害を発症する平均年齢

人によって多少更年期障害がはじまる年齢は異なります。一般的には45~55歳に訪れると言われていますが、必ずこの10年に訪れるわけではありません。早い人だと35歳、遅い人で60歳に更年期障害になることもあります。もちろん全く症状がでない人もいます。

更年期障害になる年齢の予測

人によって訪れる期間が異なる更年期障害の年齢を予測し予防することは可能なのでしょうか?

先ほど話した通り更年期障害の起こる原因は閉経による女性ホルモンの減少です。そのため、生理周期が短い・長い、月経血が多い・少ないなどの変化を感じたら、更年期症状・更年期障害になる可能性があると思ってください。

閉経する年齢を調べることもできます

血液中の女性ホルモン量を調べることで、いつ閉経になるか調べることができます。そうすることで、更年期障害を発症しやすい年齢も予想することができます。

婦人科や更年期外来で調べることが可能なので気になる方は病院に行ってみてはどうでしょう。

年齢別でみる更年期障害の症状?

年齢を重ねるごとに更年期の症状は悪化していきます。それは、閉経に近くに連れて徐々に女性ホルモンの分泌量が減るからです。

そこで、年齢ごとに多い更年期障害の症状を見てみましょう。

30代の症状

  • 体がだるい
  • イライラする
  • めまい
  • 頭痛
  • 腰痛

30代後半から徐々に体の変化を感じます。翌日の疲れが取れなくなったり、めまい、頭痛の回数が増えてきます。

とはいえ、まだ30代なので仕事や家事に支障が出るほどの症状ではない人がほとんどです。

また、この頃から徐々にイライラしやすくなっていきます。

40代の症状

  • 動機
  • 肩こり
  • 関節が痛む

40代になると、動機、関節の痛みといった症状も目立つようになります。また、血行不良から肩こりや目がピクピクするなど眼精疲労を起こすようになります。

早い人だと40代後半には閉経する方もいるので、不眠や耳鳴りなどに悩まされる方も出てきます。

50代の症状

  • 不眠
  • 耳鳴り
  • 骨折・捻挫

50代になり、いよいよ閉経を迎える年齢です。

今までの症状に加え、眠れなくなったり、耳鳴り、怪我をしやすくなってきます。また、ホットフラッシュなどのほてりや発汗を感じるのもこの年齢に多く見られます。

また、女性ホルモンが分泌されなくなり、骨密度が下がることで、骨折や捻挫が多くなってきます。

閉経後は

  • 目のかすみ
  • 聞こえにくい
  • 息切れ
  • 便秘
  • 手足の冷え

閉経し、女性ホルモンの恩恵が受けられなくなると、今まで以上に、体に変化が訪れます。

閉経後の症状は、更年期障害ではなく、老化によるものです。

閉経する年齢について知りたい方は「閉経する年齢について」を参考にしてください。

上記のリストは、厚生労働省の有訴者率を症状別にした表から、前の年代より大きく増えた項目をピックアップしたものです。

平成22年国民生活基礎調査の概況

20代30代という年齢でも更年期症状がでる「若年性更年期障害」とは

上記でも説明したように、更年期障害とは40代〜50代の更年期の時期になる病気です。しかし、稀に20代〜30代という年齢の若さで更年期障害に似た症状を訴える人がいます。それを「若年性更年期障害」と言います。

更年期障害と同じように、ホットフラッシュ、頭痛、肩こり、イライラ、などの症状が出ます。

更年期障害は閉経によるホルモンバランスの乱れが原因ですが、若年性更年期障害は極度のストレスによるものです。

私はまだそんな年齢じゃない、若いから関係ないと思っていると、症状が悪化してしまうケースもるので注意が必要です。

いつまで続くの?更年期障害の期間

更年期障害は1~2年続きます

「2週間以上も生理が続いたと思ったら、また一週間後に生理がきた。生理周期が不定期すぎるし、常にナプキンをつけているので、精神的にも辛くなっています。この生理不順はいつまで続くのでしょうか。」

「最近、些細なことですぐにイライラしてしまいます。怒りたくないのに、子供や夫についきつく当たってしまうことも。いつになったら更年期障害は落ち着くのでしょうか?」

このように、些細なことで怒ってしまったり、家事や仕事がやる気がでないなどの更年期障害や生理不順で悩まれる方は大勢いらっしゃいます。では、いつまで更年期障害は続くのでしょうか?

更年期症状の期間は、一般的に2~3年

更年期障害の期間とは、2~3年で軽減され、長い人でも5年以内に症状は収まると言わせています。

しかし、5年以上もこういった症状がある場合は、更年期によるものではなく老年期の症状の可能性があるので、気になる方は更年期外来に一度相談してみましょう。

年齢に関係なく環境の変化が更年期障害を引き起こすことも

子供の進学、就職、自立して家を出たり、自分自身も仕事を辞めたり、反対にパートに出てみたり、夫が定年になり常に自宅にいるようになった、親の介護など、更年期の時期は環境の変わりやすい年代でもあります。そのため、ストレスや不安から更年期障害を発症しやすくなります。

大切なのは、ストレスを貯めない、リラックスすることです。そのため、自分は更年期障害になってしまうのでは?と心配をしないことも大切です。考えれば考えるほど、不安になってしまいますからね。

もし、更年期障害になり症状が辛い場合は、病院やサプリメントを利用することです。イライラや耳鳴り、憂鬱など、大きな病気に思えないかもしれませんが、少しでも我慢をしないことです。それが楽しい人生につながります。

男性の更年期障害の年齢と期間

男性の更年期障害の平均年齢と期間

更年期障害というと女性のイメージがありますが、男性も更年期障害になります。

女性とはことなり閉経などの目安がないため、自分が更年期障害だと気づく方も少ないのが特徴です。

男性の更年期障害の年齢は幅広く、概ね40代以降には発症する可能性があり、60代・70代でも更年期障害になる男性もいます。

また男性で多いのが症状が、更年期うつ、疲労感、記憶力の低下、集中力の低下です。女性と同じように、発汗やほてり、不眠といった症状がでる場合もあります。

更年期障害の年齢と期間まとめ

一般的に更年期とは45歳~55歳の年齢のことをいいます。また、更年期とは一生のうちの一定期間のことをいい、更年期障害とは別の意味になります。

更年期障害とは、ほてり、耳鳴り、冷え、発汗、頭痛、憂鬱、不眠などの症状のことをいい、女性ホルモンの分泌が低下していることで起こります。また、更年期障害は2~3年の期間続き、長くて5年以内に減少します。

更年期障害を放置しておくと、うつになる可能性もあるので、少しでも辛いと感じたのなら早めに病院やサプリメントで対処しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

その身体の不調は
エストロゲンの減少による 更年期障害かもしれません

エストロゲンと似た働きをする成分で、スーパーイソフラボンとも呼ばれる【エクオール】。 イソフラボンよりも吸収率が高く、自律神経を正常化へと導き、健康な身体を取り戻します!
病院へ行くのはちょっと…でも辛い…
という自宅で治療した方は、一度サプリメントを試してみては?
エクオールの公式サイトを見てみる
更年期の年齢の関連記事

更年期と女性ホルモンの関係性

更年期と女性ホルモンは、とても深い関係にあります。しかし、女性ホルモンとは一体何なのでしょうか?女性ホルモンの役割、更年期後どうなってしまうのかご説明します。 女性ホルモンについて 女性ホルモンとは主に「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン」という2種あります。エストロゲンは、肌・髪の潤いなどの女性…

ホットフラッシュとは

ホットフラッシュとは ホットフラッシュとは、更年期障害の一つで、45歳~55歳の更年期の年代の女性に多くみられ、運動や温度に関係なく突然「ほてり」「のぼせ」「発汗」などの症状がでることです。 のぼせ 頭に血が上った様な状態で、何の前触れもなく突然起きる人もいれば、いつも決まった時間に症状がでるひともいます…

更年期障害の原因とは

更年期に起こる、ほてりや頭痛、不眠、精神の不安定などの症状を「更年期障害」といいます。40代50代の多くの女性が、この更年期障害に悩まされています。では、どうして更年期障害が起こってしまうのでしょうか。 更年期に訪れる閉経 更年期になると、卵子のもととなる卵胞の数が急激に減り、女性は卵巣の機能が低下していきます。そ…

更年期障害とエストロゲンの関係-女性ホルモンを増やす方法とは

脳とエストロゲンの関係 エストロゲンとは、女性ホルモンの一種で閉経や更年期に大きく関係しています。 では、エストロゲンとは一体何なのでしょうか?エストロゲンがどのように分泌されているのかをみてみましょう。 女性ホルモンには、卵巣から分泌されている「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。 この…