更年期と女性ホルモンの関係性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

更年期と女性ホルモンは、とても深い関係にあります。しかし、女性ホルモンとは一体何なのでしょうか?女性ホルモンの役割、更年期後どうなってしまうのかご説明します。

女性ホルモンについて

女性ホルモンとは主に「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン」という2種あります。エストロゲンは、肌・髪の潤いなどの女性らしさを作るホルモン。一方、プロゲステロンは乳腺を発達させるなどの妊娠・出産に関係するホルモンです。

この2つのホルモンによって女性の月経サイクルが生まれ、毎月生理やPMS(月経前症候群)が訪れるのです。

女性ホルモン「エストロゲン」の働き

エストロゲンは、月経後から排卵日にかけて分泌量が増えていきます。

肌のハリを保つ
女性ホルモンには、肌の弾力や潤いを保つコラーゲンの生成を助ける作用があります。
髪の潤いやコシがつくる
肌と同様にコラーゲンの生成を促すことで、髪の水分を保持したり、コシや滑らかさを作る手助けをしています。
骨密度を保つ
骨は、古くなった骨を溶かす破骨細胞と、新しい骨をつくる骨芽細胞の働きによって成り立っています。

女性ホルモンの一種である「エストロゲン」は、骨からカルシウムが溶け出すことを抑制する働きをしており、このエストロゲンが減少してしまうと、カルシュウムが溶け出すスピードは早くなり、骨の形成が間に合わず、結果骨粗しょう症になってしまいます。

骨粗しょう症とは、骨密度が低い、骨がスカスカの状態です。そのため、骨折しやすい体になってしまいます。

コレステロールの調整
血液中には、コレステロールという細胞膜を生成するのに必要な成分です。コレステロールには「善玉コレステロール」「悪玉コレステロール」の2種類があります。食生活が乱れていたり、ストレスを抱えていると悪玉コレステロールが増加します。
悪玉コレステロールは、血管の内壁に沈着し弾力がなくい硬くもろい血管にしてしまいます。つまり、動脈硬化を発症しるのです。

女性ホルモンのエストロゲンは、この悪玉コレステロールの増殖を抑制し、善玉コレステロールを増殖させることで、動脈硬化を防ぐ働きをしているのです。

女性ホルモン「プロゲステロン」の働き

プロエストロゲン(黄体ホルモン)は、排卵後黄体が存在する約2週間活発に分泌されます。そして、黄体の機能が低下すると急速にプロエストロゲンの分泌量も低下します。この黄体ホルモンには、身体を温める作用があり、排卵後に基礎体温が高くなるのは、この黄体ホルモンの分泌があるからです。

子宮内膜や子宮筋の調節
卵胞が排卵し妊娠の準備をするために、子宮内膜が厚くなります。排卵後、妊娠しなかった場合は、プロゲステロンが減少することで子宮内膜が剥がれ、月経となって体外へ排出されます。

そのほかにも

  • 血糖値を正常にする
  • 利尿作用
  • 体脂肪の減少

などの役割をしています。

豆知識

女性ホルモンが多い少ないとよく言いますが、人間の体内ではどれくらいのホルモンが分泌されているのか知っていますか?
実は、女性ホルモンは一生のうちに『ティースプーン1杯分』といわれているのです。
一生のうちでたったこれだけの量なのですから、毎月の分泌量はほんとうにわずかしか分泌されていないのです。それにも関わらず、脳や卵巣、身体が情報を伝え合って健康を維持したり、体を悪くしてしまうのです。

更年期と女性ホルモンの関係

このように女性ホルモンは、女性の体の肉体的、身体的に大きな影響を与えています。

一般的には、初潮を迎える12歳ころから女性ホルモンは分泌を始め、思春期、成熟期となる18~30歳がピークになります。
そして徐々に減少し、37歳を境に急激に女性ホルモンの生産能力が低下し、閉経前にさらに分泌量が激減します。

そのため、今までさまざまな役割を担っていた女性ホルモンが無くなるのですから、体に不調がでてきます。
また、脳の視床下部からも女性ホルモンを分泌する命令が出されますが、卵巣の老化によりエストロゲンなどの女性ホルモンが分泌されないことで、視床下部が「女性ホルモンを出すように命令しているのに、どうして出ない!?」と混乱してしまいます。この視床下部とは人間の自律神経をコントロールしている脳であり、この混乱により自律神経が乱れ、動悸、息切れ、のぼせなどの血管運動障害を発症します。

更年期になり女性ホルモンが減少することに起こる症状

  • コラーゲンの生成能力が落ち、肌のハリや髪の潤いシコがなくなっていく
  • 骨密度が低下して、骨粗しょう症や骨折しやすい骨になってしまう
  • コレステロールの調整ができず、動脈硬化や肥満体になりやすくなる
  • 自律神経が乱れ、動悸、息切れ、のぼせなどの更年期障害を発症しやすくなる

女性ホルモンを増やすには

更年期になってしまうと、体内での女性ホルモンの生成量を増やすことはできません。そのため、ホルモン剤や食事で補う必要があります。

ホルモン補充療法
足りないホルモンを補うことで、更年期障害を治す治療方法です。
漢方
症状に合わせて、緩和できる成分を取り入れることで症状を緩和します。長期的に安心して使える方法です。
食事
女性ホルモンに似た働きをする「イソフラボン」を積極的に摂取することで、症状を緩和します。大豆に含まれると有名ですよね。しかし、イソフラボンは一日の摂取上限が30mgと決まっているので、注意しましょう。
サプリメント
女性ホルモンと同様の働きをする「エクオール」という成分を配合・摂取することで、食事よりも効率的に体内に摂取することができます。もっとも手軽に更年期の症状を緩和できるのでおすすめです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

辛い更年期障害に悩まされていませんか?
エストロゲンで辛い身体・心にさよならしましょう!!

更年期になることでエストロゲンが減少することで起こる辛い症状。
エストロゲンと似た働きをする成分を摂取することで、自律神経を正常化へと導き、健康な身体を取り戻します!
病院へ行くのはちょっと…でも辛い…
と、自宅で治療した方は一度サプリメントを試してみては?
あのキッコーマンが販売しているので、安心して使うことができますよ!
キッコーマン「からだ想い」でさよなら更年期!

女性ホルモンの関連記事

ホットフラッシュとは

ホットフラッシュとは ホットフラッシュとは、更年期障害の一つで、45歳~55歳の更年期の年代の女性に多くみられ、運動や温度に関係なく突然「ほてり」「のぼせ」「発汗」などの症状がでることです。 のぼせ 頭に血が上った様な状態で、何の前触れもなく突然起きる人もいれば、いつも決まった時間に症状がでるひともいます…

更年期障害の原因とは

更年期に起こる、ほてりや頭痛、不眠、精神の不安定などの症状を「更年期障害」といいます。40代50代の多くの女性が、この更年期障害に悩まされています。では、どうして更年期障害が起こってしまうのでしょうか。 更年期に訪れる閉経 更年期になると、卵子のもととなる卵胞の数が急激に減り、女性は卵巣の機能が低下していきます。そ…

更年期障害とエストロゲンの関係-女性ホルモンを増やす方法とは

脳とエストロゲンの関係 エストロゲンとは、女性ホルモンの一種で閉経や更年期に大きく関係しています。 では、エストロゲンとは一体何なのでしょうか?エストロゲンがどのように分泌されているのかをみてみましょう。 女性ホルモンには、卵巣から分泌されている「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。 この…

更年期障害の年齢・期間は?

更年期と呼ばれる年齢は? 更年期とは、人間の一生の一時期の呼び方です。女性のライフサイクルは、幼年期(0~8歳)、思春期(8~18歳)、成熟期(18~45歳)、更年期(45~55歳)、老年期(55歳~)に分けることができます。 成熟期を過ぎると徐々に卵巣の機能が低下していきます。それに伴い女性ホルモンの分泌も減…