更年期障害の症状「抜け毛」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

40代を過ぎると、なんとなく体の調子が良くなかったり、イライラしたり、落ち込んだり・・・「これって、更年期?」と体や心の不安定な症状に悩む女性が増えています。また、髪が細くなってきた、ボリュームがなくなった、抜け毛がひどくなったと実感するのも同じ時期です。
女性の髪の悩みは更年期に現れる症状なのです。

更年期の抜け毛について

更年期障害の症状は、女性ホルモンのバランスが悪くなることでおこりますが、女性の気になる抜け毛の大きな原因でもあります。

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンのバランスが乱れ、髪のヘアサイクルが狂い、毛髪の成長期が短く休止期が長くなることで髪そのものがやせ衰え、頭皮全体に抜け毛が増えてしまうのです。

女性の抜け毛や薄毛には頭頂部から薄くなる「びまん性脱毛症」が多くみられます。
びまん性とは、広範囲に広がっているという意味があります。年齢を重ねると現れるようになり、頭皮と髪の老化現象のようなものです。

更年期と抜け毛の関係

髪の毛の成長に深くかかわっているのが、女性ホルモンである「エストロゲン」です。
「エストロゲン」は髪の毛の成長を活発にさせ、頭皮のコラーゲンの量を増加させる働きがあります。そのおかげで、髪の毛のコシやハリをキープすることができるのです。

更年期の時期はエストロゲンの分泌が減ってくるので、髪が生えて伸び抜け替わるヘアサイクルの「成長期」が短くなり、「休止期」が長くなります。ですので、女性ホルモンの「エストロゲン」の減少が更年期の女性の抜け毛の主な原因と考えられます。

「エストロゲン」の減少により、髪の毛が細く痩せてきたり、一つの毛穴から生えてくる髪の毛が3本出ていたのが1~2本に減ったりします。
すると、頭全体に生える髪の毛の密度が低くなり、薄毛になったように感じるのです。

更年期障害ではなく病気の可能性も

40代を過ぎ、50代にもなると、更年期の症状だけでなく生活習慣病も気になるところです。
例えば、コレステロール値が高くなって、血管が狭くなり、頭皮の血流が悪くなり抜け毛につながっていくこともあります。
他にも、極端なダイエットをして鉄欠乏性貧血などの栄養障害や、甲状腺機能障害、膠原病による抜け毛なども考えられます。

更年期障害の症状と重なる部分はありますが、体の不調からくる抜け毛の要因として

  • ストレス
  • 冷え性
  • 肩こり・首こり
  • 睡眠不足
  • 生活習慣が乱れている
  • 運動不足
  • 極端なダイエット

などがあげられます。

また、外的な要因として

  • シャンプーが肌に合っていない
  • 紫外線を浴びた
  • 髪をきつく束ねた
  • 刺激の強いヘアカラーやパーマをかけた
  • 長時間帽子をかぶり蒸れた(かぶれた)

という場合もみられます。

更年期の抜け毛の対処法

更年期の時間を止めることはできませんが、早い時期から対応することで抜け毛や薄毛の進行を遅らせることが可能です。
更年期かも・・・と気づいたら早め早めにケアすることが大切です。

お顔のお手入れはしていても、頭皮のお手入れまではなかなかできませんし、どのようにお手入れしたらよいのかもわからない人が多いのではないでしょうか?
実は、頭皮と顔の皮膚はつながっているので、頭皮の状態の悪さが顔やあごのたるみに大きく影響するのです。目じりが下がってきたり、頬がたるんできたりするのも頭皮の状態に関係があるといわれています。

【抜け毛の対処法】

1.食事に気を付けましょう

髪の毛の成分はたんぱく質です。髪に栄養分が届くのは体の最後になります。
毎日摂取する食事でしっかり育毛に必要な栄養素を取り入れましょう。
髪にはタンパク質・ビタミンB群・亜鉛が有効です。とくに大豆に多く含まれる「イソブラボン」を含む食品の摂取を心掛け、飲酒や喫煙は控えるようにしましょう。
冷たい飲み物も体が冷えるので要注意です。

2.正しいヘアケアをしましょう

頭皮を常に清潔に保ち、ヘアカラーとパーマは同時にすることはやめましょう。
また、2週間以上間隔をあけるのが良いといわれます。髪と頭皮に負担をかけないヘアスタイルがいいでしょう。
シャンプーは自分に合ったものを使用し、熱すぎないぬるま湯でしっかりすすぐようにしてください。熱すぎるお湯での洗髪は髪の毛の表面のキューティクルを痛めやすくします。

3.紫外線を浴びないように注意しましょう

紫外線は顔だけではなく、髪や頭皮にも悪影響を及ぼします。
日傘や帽子をかぶるなどして紫外線を避けるようにしましょう。
とくに日射量の多い5.7.8月や紫外線量の多いAM11:00~12:00は注意が必要です。

4.血行を良くしましょう

血行を良くするためには適度な運動が有効です。
肩こりや首を楽にするストレッチは頭皮への血流を促し、マッサージすることで頭皮の血行が良くなります。

5.睡眠をたっぷりとりましょう

お肌にとって良いとされることは、頭皮にももちろん良いことです。
成長ホルモンが分泌される午後22:00~2:00の間はゆっくりと良質な睡眠が取れるように心がけてください。

6.ストレスをためないようにしましょう

抜け毛の悩みをくよくよと考えていると、どんどんストレスがたまりつらくなっていきます。あまり抜け毛に気を取られることがないように、趣味や軽い運動などで気を紛らわし、自分に合ったストレス解消方法を見つけるようにしましょう。
テレビに出てくる芸能人にお気に入りの人を探すと、エストロゲンなどの女性ホルモンが出やすくなる効果があるようですよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

その身体の不調は
エストロゲンの減少による 更年期障害かもしれません

エストロゲンと似た働きをする成分で、スーパーイソフラボンとも呼ばれる【エクオール】。 イソフラボンよりも吸収率が高く、自律神経を正常化へと導き、健康な身体を取り戻します!
病院へ行くのはちょっと…でも辛い…
という自宅で治療した方は、一度サプリメントを試してみては?
エクオールの公式サイトを見てみる
抜け毛の関連記事

更年期で汗が止まらない方必見!多汗の抑える対策と予防方法

更年期になると突然、顔や全身に汗をかくようになります。 全身が火照ったような暑苦しさや湿った洋服、頭からたれてくる汗に嫌になっている人も少なくありません。 今回は、そんな更年期の汗に悩む方に、汗をかいたときの対処法、汗をかかないための予防法をご紹介します。 どうして更年期になると汗をかくのか? そもそも…

更年期の関節痛|ギシギシと痛む指、ひざの痛み原因・治療法・予防法とは?

40代50代になりギシギシと痛む関節痛に悩んでいませんか? 指や膝(ひざ)など関節が軋むような音と痛み…家事や外出時などじっとしているわけには行かないのに、痛くて何もできない……と困っていませんか? その多くが「変形性関節症」と呼ばれる疾患です。骨のショックを和らげる役割をしている関節軟骨が、すり減ったことで、…

更年期障害の症状「頭痛」の原因と治療法

最近頭痛になる日が増えてきたと感じていませんか?更年期になると体に様々な異常が現れます。その中の1つが「頭痛」です。 ガンガン、ドクドクといった重い頭痛は辛いですよね。家事や仕事が手に付かなくなるだけでなく、ひどい場合吐き気や食欲不振にもなります。 更年期障害症状の頭痛についてお話します。 更年期障害の頭痛につい…

更年期の吐き気で気持ち悪い…予防、ツボなどの対処法4つ

40代50代になり、急な吐き気に悩んでいませんか?吐き気は、家事や仕事が手につかなかったり、匂いのせいで料理が全く作れなかったりと、気持ち悪さで辛いだけでなく家庭や人間関係に支障をきたすこともあります。 そもそも更年期からくる吐き気なのか、その原因と吐き気の解消法、予防法をご紹介します。 更年期障害による吐き気の症…

更年期の症状「のぼせ」-原因と対処法

暑くもないのに異常なほどの熱感が顔や頭に起こることを「のぼせ」といいます。 「のぼせ」は緊張した時や、恥ずかしい思いをした時、発熱しているときにみられる症状ですが、更年期の時期は自律神経の乱れによって、慢性的に「のぼせ」が発症することがあります。更年期の女性の40~70%が経験するという「のぼせ」について解説します。…