更年期障害の原因とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

更年期に起こる、ほてりや頭痛、不眠、精神の不安定などの症状を「更年期障害」といいます。40代50代の多くの女性が、この更年期障害に悩まされています。では、どうして更年期障害が起こってしまうのでしょうか。

更年期に訪れる閉経

更年期になると、卵子のもととなる卵胞の数が急激に減り、女性は卵巣の機能が低下していきます。そうすることで、徐々に生理周期が不規則になったり、月経血が少量になっていき、最終的には生理がこなくなり閉経になります。

この卵胞が減ることで、「エストロゲン」という女性ホルモンの分泌量も減ってしまい、全体のホルモンバランスが崩れ、自律神経に支障が出てきます。

更年期障害の原因「エストロゲン」とは?

エストロゲンとは、女性にとってもなくてならないホルモンです。このホルモンが分泌することで、脳の視床下部が正常に身体のさまざまな箇所に命令をだせています。

しか、このエストロゲンが十分に分泌されないことで、視床下部がホルモンや自律神経に上手く指示が出せなくなってしまいます。結果、自律神経失調症のような症状や、体にさまざまな悪影響がでてくるのです。

ストレスが誘発している

もちろん閉経に伴い減少しているエストロゲンが主な原因ですが、精神的ストレスもまた更年期障害を誘発している原因でもあります。

更年期障害には、ほてり、頭痛などの血管運動系障害以外にも、イライラ、不眠、意欲の低下など精神障害を発症することもあります。

この精神障害とは、ストレスにも大きな原因があるといわれています。

とくに40代50代は、大きく環境が変わる年代でもあります。子供が成長し進学や就職、上京したり、自分の親が介護を必要になってきます。また、子供の手が離れたことでパートなどの働きにでる女性もいます。現代では、女性も長く務める方も多く職場での人間関係に悩まされることも。加齢により、病気も心配になってくる年齢です。

こういった自分だけでなく、家族の環境も変わることで、不安や心配によりより一層精神が不安定になりがちです。

女性だけでなく、男性の場合、職場での人間関係や仕事で大きなストレスを抱え、更年期うつになりやすくなります。

若い女性もなることがある

更年期障害というと40~50代だけだと思われがちですが、20代~30代の若い女性も更年期障害を発症することがあります。正確にいうと、閉経によるホルモンの減少ではなく、単にホルモンバランスが乱れて起こるので「若年性更年期障害」といいます。

その原因は、ストレスや食生活、生活習慣です。

職場でのストレスや栄養バランスを考えていない食事、暴飲暴食、栄養失調、寝不足など精神と身体に大きなストレスがかかることで、ホルモンを上手く分泌することができず、自律神経が乱れてしまいます。

卵巣の機能が停止したわけでないので、生活習慣をただし、ストレスの解消、薬や漢方を使うことで、月経も再開し、再びホルモンの分泌が行われるので、症状も治ります。

男性の場合

男性も同様にエストロゲンの減少で更年期障害を発症します。
男性の場合は「テストステロン」という男性ホルモンの減少が原因です。このテストステロンがエストロゲンを分泌しています。しかし、女性とは異なり閉経がないため、急激なホルモンの減少はなく、加齢とともに徐々に減っていきます。

テストステロンは、筋力や骨格、生殖器の成長、性欲など男性の活力の源です。そのため、更年期障害だけでなく、筋力の低下、気力、性欲がなくなっていきます。

治療

更年期障害は、ホルモンの分泌量の低下が原因なので、その足りないホルモンを補充したり、ホルモンに似た働きをする成分を摂取することで、緩和・治療をします。

ホルモン剤
ホルモンの分泌量を計測し、足りていないホルモンを補う治療です。タブレットや塗り薬、貼り薬などその形式も様々です。
サプリメント・漢方
病気が原因でホルモン治療ができない場合や長期の治療が必要な場合、軽度の症状の場合は、サプリメントや漢方を使って、症状を和らげることができます。
有酸素運動
更年期障害を予防・悪化させない方法の一つとして、ウォーキングや水泳などの有酸素運動がとても有効です。
運動をして筋肉を動かすことで、自律神経のバランスを整えてくれます。また、更年期になると下半身肥満になりやすいので、肥満防止にもなります。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

辛い更年期障害に悩まされていませんか?
エストロゲンで辛い身体・心にさよならしましょう!!

更年期になることでエストロゲンが減少することで起こる辛い症状。
エストロゲンと似た働きをする成分を摂取することで、自律神経を正常化へと導き、健康な身体を取り戻します!
病院へ行くのはちょっと…でも辛い…
と、自宅で治療した方は一度サプリメントを試してみては?
あのキッコーマンが販売しているので、安心して使うことができますよ!
キッコーマン「からだ想い」でさよなら更年期!

更年期障害の原因の関連記事

更年期と女性ホルモンの関係性

更年期と女性ホルモンは、とても深い関係にあります。しかし、女性ホルモンとは一体何なのでしょうか?女性ホルモンの役割、更年期後どうなってしまうのかご説明します。 女性ホルモンについて 女性ホルモンとは主に「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と「プロゲステロン」という2種あります。エストロゲンは、肌・髪の潤いなどの女性…

ホットフラッシュとは

ホットフラッシュとは ホットフラッシュとは、更年期障害の一つで、45歳~55歳の更年期の年代の女性に多くみられ、運動や温度に関係なく突然「ほてり」「のぼせ」「発汗」などの症状がでることです。 のぼせ 頭に血が上った様な状態で、何の前触れもなく突然起きる人もいれば、いつも決まった時間に症状がでるひともいます…

更年期障害とエストロゲンの関係-女性ホルモンを増やす方法とは

脳とエストロゲンの関係 エストロゲンとは、女性ホルモンの一種で閉経や更年期に大きく関係しています。 では、エストロゲンとは一体何なのでしょうか?エストロゲンがどのように分泌されているのかをみてみましょう。 女性ホルモンには、卵巣から分泌されている「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2種類があります。 この…

更年期障害の年齢・期間は?

更年期と呼ばれる年齢は? 更年期とは、人間の一生の一時期の呼び方です。女性のライフサイクルは、幼年期(0~8歳)、思春期(8~18歳)、成熟期(18~45歳)、更年期(45~55歳)、老年期(55歳~)に分けることができます。 成熟期を過ぎると徐々に卵巣の機能が低下していきます。それに伴い女性ホルモンの分泌も減…