更年期障害に効く漢方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

更年期障害に効く漢方一覧

更年期障害と一言でいってもその症状は人によって異なります。自分の症状にあった漢方を選ぶことが大切です。

加味逍遥散(カミショウヨウサン)

冷えのぼせ、生理不順、更年期障害などに用いる漢方薬です。

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 冷え
  • のぼせ
  • めまい
  • 不安
  • イライラ
  • 倦怠感
  • 自律神経失調症など

血流異常を改善する作用があり、血液循環を良くして体をあたため手足の冷えへの効果や、逆にホットフラッシュなどの上半身の熱をさまします。ホルモンバランスを整える効果が期待でき、「疲れやすい」「イライラ」「不安感」にも効果が期待できるので、とても女性向けの漢方です。

柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)

心と体をおだやかにする漢方薬です。

  • 体力が弱く
  • 冷え症
  • 貧血
  • 動悸
  • 息切れ
  • 頭痛

体の熱や炎症、神経の疲れをいやします。体力のない方に向いた漢方です。具体的には、風邪や頭痛が続いている方、更年期障害の血管系の障害、神経症、不眠症、動悸にも対応します。

桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)

生理不順や便秘などに用いる漢方薬です。

  • 月経不順
  • 精神不安
  • 腰痛
  • 便秘
  • 頭痛
  • めまい
  • 肩こり

血液循環をよくする作用があるため、のぼせやほてり、頭痛の症状だけでなく、腸の働きを活発にするので、便秘になりがちな人に向いています。また、不安やイライラといった精神面にも効果を発揮します。

当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)

体をあたため、貧血症状を改善する漢方薬です。

  • 冷え性
  • めまい
  • 生理不順
  • 生理痛
  • むくみ
  • 頭痛
  • 肩こり

血行をよくして体をあたためることで、冷え性、貧血症状、生理不順などを改善します。また、痛みを和らげたり、ホルモンバランスを整える効果も期待できます。

温経湯(ウンケイトウ)

血行をよくして、体をあたためる漢方薬です。

  • 冷え性
  • ほてり
  • 生理不順
  • 不眠
  • 神経症

ほてりを取る一方、体全体をあたためる作用があるため、ホットフラッシュの症状だけでなく、手足の冷えの改善も期待できます。
また、乾燥した皮膚を潤したり、ホルモンバランスを整える効果もあるので、加齢による肌の乾燥の改善にも期待できます。
また、生理不順や生理痛にも適応しています。更年期障害や不妊治療に補助的に用いられることもあります。

温清飲(ウンンセイイン)

生理不順や更年期障害、乾性の皮膚病などに用いる漢方薬です。

  • 月経不順
  • のぼせ
  • ほてり
  • 生理痛
  • 不安感
  • イライラ
  • 皮膚のかゆみ
  • 皮膚の乾燥

血液循環をよくするほか、のぼせや手足のほてりをとる作用があります。肌がカサつく人、生理不順、生理痛に好んで用いられます。また、ほてり、のぼせ、イライラ、不安感などの更年期障害にも適応します。

黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)

のぼせ、イライラ、高血圧にともなう諸症状などに用いる漢方薬です。

  • のぼせ
  • ほてり
  • イライラ
  • 不眠
  • 動悸
  • 胃炎
  • 鼻血
  • 頭痛
  • 肩こり
  • めまい
  • 耳鳴り

体の熱や炎症をとり、機能の亢進をしずめる働きがあります。体力がある人や血圧が高めの人に向いている漢方です。

桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)

血行をよくする漢方薬です。おもに、生理不順や生理痛、更年期障害、のぼせなどに用います。

  • 生理不順
  • 生理痛
  • めまい
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 更年期障害

お血の改善としてよく使われるのは、この桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)です。
血行を改善しホルモンバランスを整える効果も期待できるので、生理不順、生理痛、頭痛、めまい、冷え、肩こり、などの更年期障害の症状に適しています。その他、子宮内膜症や筋腫、ニキビやシミ、しもやけ、痔、打ち身、肝臓病などにも用いられます。

三黄瀉心湯(サンオウシャシントウ)

のぼせ、イライラ、高血圧にともなう諸症状などに用いる漢方薬です。

  • のぼせ
  • ほてり
  • 精神不安
  • イライラ
  • 便秘
  • 肩こり
  • 耳鳴り
  • 不眠

体の熱や炎症をとり、機能の亢進をしずめる働きがあります。体力があり赤ら顔、のぼせやイライラすることが多く、また便秘になりがちの人に向く処方です。
具体的には、のぼせやほてり、イライラ感や不安感、不眠、便秘、鼻血など出血、あるいは高血圧にともなう頭重感や肩こり・めまい感などに適応します。

出典:.jah.ne.jp

漢方は、どれくらいで効果が出てくるの?

一概にはどれくらいと言えません。
その人の症状の種類や重さによってもことなります。とくに更年期障害は、複数の症状を発症することの多い病気ですし、症状の重さも人によって大きくことなります。

症状の重さだけではありません。きちんと症状にあった漢方を処方しているか、その人の体質に合っているかによっても効きの速さは変わってきます。

しかし、概ねの2週間を目安として、2週間以上飲んでもまったく症状が緩和されていないと感じた場合、医師や薬剤師に相談してみましょう。

漢方に副作用はあるの?

漢方薬は副作用の少ないことが多くの女性に利用されている理由の一つでもあります。
伝統医学として何千年もの経験と臨床を繰り替えし、安全で効果的な治療法でもあり、ホルモン治療のできない方でも、使用することができます。

しかし、まったく無いわけではありません。人によっては、服用している漢方が体に合わず、副作用が出る場合もあります。
副作用はすぐに出るものではありません。2・3日続けてみて、様子がおかしいと感じたら、すぐに服用をやめて医師に相談しましょう。

漢方による主な副作用

  • 下痢
  • 腹痛
  • 胃もたれ
  • 吐き気
  • 食欲不振

副作用が強いと下のような症状がでることも。

  • 発疹
  • かゆみ

※体調が優れない時は、服用を控えましょう。
食欲不振や吐き気、嘔吐や下痢など、胃腸の弱っている人は、漢方による副作用がでる可能性が高くなるので、慎重に用いる必要があります。

本当に効くの?更年期障害への漢方治療

更年期障害と言えば、めまい、のぼせ、発汗、イライラ、不眠などの症状で知られています。
その治療法の一つに『漢方』があげられ、市販で売られているものやサプリメントだけでなく、更年期障害の治療に処方されます。
漢方治療とは、実際どういった効能があるのでしょうか?

東京医科歯科大学病院産婦人科の久保田俊郎教授は「最近では、ホルモン補充療法が広く行われるようになったが、エストロゲンの補充だけでは効果が出にくい症状の治療に漢方が見直されている」と話しています。

中でも「三大処方」とよばれる、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、加味逍遙散(かみしょうようさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)が高い結果がでています。

77人に三大処方のいずれかを処方してもらい、約144日間の変化を調べたところ、睡眠障害、発汗、頭痛やめまいといった症状に明らかな効果があるとわかりました。

漢方の効果

出典:wol.nikkeibp.co.jp

症状 当帰芍薬散 加味逍遙散 桂枝茯苓丸
寝付けない
睡眠が浅い
眠っても疲れが取れない
発汗、ほてり
頭痛・めまい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

辛い更年期障害に悩まされていませんか?
歴史があるからこそ信頼できる漢方で更年期にサヨナラしましょう!

白井田七という漢方には、痛風や糖尿病にいいと言われていますが、更年期にも効果が期待できます。
それは白井田七に含まれる「サポニン」という成分です。サポニンはホルモンの分泌を促進し、不足した女性ホルモンを調整する作用があるのです!
病院へ行くのはちょっと…でも辛い…
と、自宅で治療した方は一度サプリメントを試してみては?
漢方なので安心して使うことができますよ!
白井田七でさよなら更年期!

漢方の関連記事

更年期障害にとプラセンタがいい?その理由とオススメサプリ

プラセンタといえば、お肌のハリやシミ、しわなどのアンチエイジングの対策として美容目的で使われるのが主流ですが、実は更年期障害の治療としても有効活用されているのです。婦人科での更年期障害の治療として使用されるプラセンタにはどんなものがあるのでしょうか?プラセンタの種類や摂取方法、気になる費用や副作用の話などいろいろまとめ…

更年期障害を病院で治療する場合

わけもなくイライラが続いたり、家事の最中にめまいがしたり、急に顔から汗が流れたり・・・40代を過ぎたころの女性なら「もしかして、更年期?!」と不安を感じることもあるでしょう。 更年期の症状は人によってさまざまですが、あまりにもひどい症状が続くようなら、病院で受診し正しい処置の仕方で対処するのがよいでしょう。「もしかし…

更年期障害の予防について

更年期障害は、一般的に閉経前後10年間の40代後半から50代前半が発症しやすい時期だといわれています。中には「若年更年期」と言われ、若い年代でおこる人もいます。更年期障害の症状は人によってバラバラですが、早めに対処しておくことで症状を予防したり軽減したりできます。ここでは日常生活の中で気をつけたいポイントを解説していき…

更年期障害の対処法

訳もなくイライラしたり、急に大量の汗が出たり、「もしかして、これが更年期・・・?」と不安になることがあります。更年期障害には個人差があり、精神的なものから、身体的なものまで症状はさまざまです。そんなツライ更年期の症状を家庭でカンタンに改善できる対処法をまとめてみました。気になる症状があればいち早くチェックし、この対処法…